J-CAD
昨年度参加学生インタビュー

J-CAD
昨年度参加学生
インタビュー

Japan
Career
Acceleration
Dialogue
Japan Career

Acceleration Dialogue
参加申し込み締切:2018年4月20日(金)
キックオフイベントに参加する
第一回エントリー締切:2018年4月20日(金)
キックオフイベントに参加する
第一回エントリー締切:2018年4月20日(金)
キックオフイベントに参加する
参加申し込み締切:2018年4月20日(金)
キックオフイベントに参加する

東京大学工学系研究科
酒井さん

東京大学工学系研究科
酒井さん

合計5社の外資系戦略コンサルティングファームに内定。

J-CADアドバイザー
米田 靖之 氏

J-CADアドバイザー
米田 靖之 氏

1982年日本専売公社(現 日本たばこ産業株式会社)入社。人事部長、製品開発部長、たばこ中央研究所長を経て、執行役員R&D責任者となる。2015年末退任し、現在は複数社のアドバイザーを務める。

J-CAD過去参加者 酒井さんインタビュー

J-CAD過去参加者酒井さんインタビュー

ー米田酒井君は去年、ある程度就職活動が落ち着いてからJ-CADに参加してもらったわけだけど、まずは率直にJ-CADの良かった点から聞きたいな。
ー酒井はい、まずは「一流企業の社員と1対1で話せる」ということが非常に大きかったです。一般的な合同説明会は、人事が1に対して学生が20ぐらい。かつ、人事のポジショントークばかりで、原稿が決まっているような話しかしない。J-CADはそういう意識を持たずに来て下さる社員さんが多かったので、実際どういう会社なのか生身の感触で分かるのが、贅沢な特徴でしたね。
ー米田1対1の対話というのがJ-CADの最大の特徴だからね。ただ、1対1で話していると、ポジショントークも出てきそうなものだけど…?
ー酒井それは参加する側の素質に求められる部分でもあるかなと思います。受け身で話を聞いていると、いつの間にかポジショントークの波に潰される気がするので、逆に「こっちが剥いでやろう!」ぐらいの気持ちで質問を投げる姿勢で臨めば、参加企業の方もそれに応えてくれるイベントです。

企業との対話で見えてくるものとは?

企業との対話で見えてくるものとは?

ー米田参加企業から必ず三名の担当者が配置されていたよね、その辺りはどうだった?
ー酒井一社につき3人と話していると、見えない“根底の共通項”が見えてくるんです。それは表面的にポジショントークで隠していても見えてくるものだと思うので、そういう意味でもこれは良い機会だなと。
ー米田J-CADでは「社風」を軸にした会社えらびというのが一つのテーマであるわけだけれど、3人と話すことで「社風」についての理解も深まった?
ー酒井「社風」については、明確に分かりますね。3人と話せば、日常会話からその会社の風土っていうのが、感じ取れるんです。最初は「3人と話すと言っても、個性がバラバラだったらどうするの?」と思っていたんですけど、同じ会社の社員さんは、バラバラなように見えて“根底の共通項”を持っているんです。なので、「社風」を感じ取るには3人で十分、必要十分だと思います。
ー米田会場で実際に対話の現場を見ていて感じたのは、学生の方も全く緊張していないなと。実際どう?
ー酒井全く緊張しなかったですね。J-CADはいわゆる就活という雰囲気はなく、企業の方と話をする際も、一社会人として話をするという感覚だったので。
ー米田参加企業の業界はバラバラだったけれど、見た会社の社風のマップ化などはできた?
ー酒井イメージできました。業界マップはもちろんなんですが、業界内のポジションでもマップは書けそうだし、業種のプロパティが右脳系なのか左脳系なのか、色々な軸でマッピングできそうでした。業界マップは他で見ることができるけれど、こういう場でしか分からない個社ごとのマップがつくれるのがいいですね。

他にはない、J-CADならではのポイント

他にはない、J-CADならではのポイント

ー米田ちなみに酒井君はこの一年、他にも色んな会社のセミナーとかに行ったと思うんだけど、J-CADにおける他のセミナーでは味わえない点で絞ると、どこが一番の差別化ポイントかな?
ー酒井これまで参加した中には、1社員に対して学生が4人くらいという座談会などもありました。規模感としては大差ないように思えるんですけど、J-CADにおける1対1というのは、自分に責任が乗る。「自発的に聞く姿勢をもたざるをえない」という点が、このイベントの良さでもあり難しさでもある、他にはないポイントなんじゃないでしょうか。
ー米田なるほどね。そもそもJ-CADは学生と企業のミスマッチをなくす、最良の企業選びをしてほしい、という思いで始めたんだけど、その点はどうだろう?
ー酒井僕はある程度就活を終えた後のJ-CADだったので、自分が見なかった業界がどういうものなのかを知る良いきっかけになったと思います。世間の就活生はわりと大手志向だったり、外資志向だったり、対象を絞ってその中でいっぱい選考を受ける人が多いんですけど、それが自分に合っているかどうかは面接に行くまで分からないですよね。J-CADでは最初から「なんで自分がここに合うのか」という明確な理由を持った上で選考に臨めるし、そういう理由をしっかりと用意していくからこそ選考通過率も上がるんだと思います。

「企業選び」における先入観がくつがえる2時間

「企業選び」における先入観がくつがえる2時間

ー米田このイベントで、「企業には序列があって、一番良い会社を見つけるべき」という先入観ではなくて、「企業に序列はなく、同じ平面に広がっているんだ」ということが分かれば、会社探しも大分変わってくるし、就活も楽しくなるかなと思うね。
ー酒井僕自身も先入観は持っていましたね。J-CADでは広告代理店に対する見方が変わったことが印象的でした。参加するまでは良く知らずに敬遠していたんですけど、社員さんと話したら凄く面白い働き方をしていて。その気付きが大きかったので素直に楽しかったし、もう少し就活を続けようかなと思いました。
ー米田今ね、「楽しかった」と言ってくれたけど、主催側としても感じたのは、J-CADが終わった時に、学生が「2時間ぐらい楽しい時間を過ごした!」という感じで毎回皆帰っていくんだよね。J-CADを後輩に酒井君が薦めるとしたら、どんな風にPRする?
ー酒井がむしゃらに悪戦苦闘しながら就活に苦しんでいる学生さんが多いと思うし、同期にも何人かいます。でも、早くにJ-CADという機会に触れることで、就活を苦しいものでなく、楽しく終えられる良いきっかけを掴めると思うので、ぜひ参加してほしいですね!
参加申し込み締切:2018年4月20日(金)
キックオフイベントに参加する

エントリー後の流れ

エントリー後の流れ

【1】本ページよりエントリー(書類選考)
【2】J-CADキックオフイベント参加(東京・京都で開催)※参加は必須ではありません
著名人による講演、J-CAD体感セッションを予定しています
【3】面接選考(複数回)
【4】通過者のみJ-CAD参加
7月以降開催のJ-CADプログラムにご参加いただきます。